胃がんの症状がよくわかる

胃がんの治療方法

胃がん,治療胃がん治療では、数種類の治療法が組み合わされて行われます。

腫瘍の位置や症状等によっても多少異なりますが、一般的に胃がんにおいてはステージ3期までが手術適用となります。

胃がんの手術ですが、日本人は胃がんの発症率が昔から高かったため、手術の技術も高度なものが浸透しており、多数の手術術式が開発されてきました。

手術後、胃の一部やすべてを摘出した場合でもリンパ節に転移が見つかった場合や、再発を抑制する目的で薬物治療を行うことがあります。

胃がんにおいての主な治療方法は、

・内視鏡治療
・外科手術(腹腔鏡下手術・開腹手術)
・薬物療法(化学療法・放射線治療)
・免疫療法

これらの3つが治療の大きな柱となります。

胃がん全体でみると抗がん剤放射線での治療成績があまり良くないため、手術によりがんが完全に取り除けるかが予後の良し悪しを分ける分けると言われてましたが、最近では新薬の登場により、化学療法の治療成績も向上してきています。

しかし、ステージ4期になると、手術や抗がん剤での治療が難しいと判断された場合には、治療しないで緩和ケアを受けて残された時間を過ごすという選択肢もあります。
 

スポンサーリンク

胃がんの手術治療

胃がんの手術は、がんの病巣が胃のどの位置に発生したかで大きく変わり、さらにがん細胞が胃壁のどの程度の深さにまで進行しているかで手術方法に大きな影響を与えます。

手術方法としては、内視鏡(胃カメラ)を用いて行う方法、医師の技量が問われる腹腔鏡下手術、そして従来の開腹手術があります。

どのくらい進行した胃がんで手術方法が変わるのかご紹介します。

■内視鏡手術
初期の胃がんにのみ適用される方法です。具体的には胃がんのステージ1A期です。がん細胞が胃の粘膜に留まっており、リンパ節への転移が起きていない状態です。

■腹腔鏡下手術
胃がん,腹腔鏡下手術胃がんの腹腔鏡下手術は、ステージ1A~1B期までが適応となります。

腹腔鏡下手術は縮小手術の分類となり、腹部に5~6個の小さな穴をあけて、ポートという医療器具を挿入します。このポートを通じてカメラ、鉗子(かんし)、特殊なメスなどを挿入して手術が行なわれます。

基本的に腹腔鏡下手術とは、開腹手術と同じ内容の手術が可能なため、医師や施設によっては胃全摘術まで行われます。

■開腹手術
従来の開腹手術は、胃がんが胃の粘膜を突き抜けたステージ1A期からステージ3期まで適用されます。

手術と言っても、胃の切除方法や消化器官の再建方法は様々あり、患者さんの状態により適切な術式が行われます。

一般的には、胃の上部(噴門側)に出来た胃がんは、胃の全摘出手術になることが多くなります。

ただし、進行度によって、噴門側のみや、幽門側のみを切除する場合もあります。
 

胃がんの免疫細胞療法

胃がんにおける免疫細胞治療とは、手術・抗がん剤・放射線治療に次ぐ第4の治療法と期待呼されています。

免疫細胞療法には種類があります。例えば…

・活性化リンパ球療法
・樹状細胞ワクチン療法
・ナチュラルキラー(NK)細胞療法

免疫細胞治療では、患者さん自身にある免疫細胞を使用するため、副作用が少ない治療法です。

また、化学療法と同じ全身療法となるため、身体中の微小ながん細胞も攻撃することが可能になり、手術後の再発予防効果が期待されます。

この治療で免疫力を高めることにより、他の治療の効果を損なうことなく胃がん治療の全体的な効果向上が見込まれます。
 

スポンサーリンク

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る