胃がんの症状がよくわかる

胃がんのチェック方法

胃がんのにかかるリスクを自己採点方式で診断できるチェックシートが、国立がん研究センターから発表されています。

胃がん,チェックこのチェックシートは40歳から69歳の男女が対象となり、この先10年で胃がんを発症する可能性を診断出来ます。

胃がんはピロリ菌への感染や胃の萎縮を調べるABC検診でも調べられるのですが、その血液検査結果に生活習慣や家族の発症歴を加えると、より細かい分類が出来るようになります。

自己採点式のチェックシート(国立がん研究センター)となり、自分自身の胃がん発症リスクを知ることは、健康診断の受診や生活習慣の改善を促すと考えられています。次にチェック項目を具体的にご紹介します。

・性別と年齢
・喫煙習慣
・食事に含まれる塩分について
・家族に胃がん発症者がいるか
・ABC検診の結果

採点方法については、国立がん研究センターのホームページを参考にしてください。
 

スポンサーリンク

胃がんの症状から知るチェック

少し体の調子が悪くて病院に行こうか迷うときがありますよね。胃がんの初期症状は風邪の症状とよく似ていると言われています。

胃がんの早期発見は非常に難しいことなのですが、早く治療を始めることが出来れば完治の可能性が高いことは広く知られています。

「いつもとちょっと違うな?」等と感じたら、次に紹介するチェックリストで胃がんのセルフチェックを行ってみてはいかがでしょうか。

・胃が痛い(胃がんの痛みは食事の有無に関係なく起こります)
・胸焼けがする(胃がんでは、胃痛と共に、胸焼け・吐き気が起こります)
・げっぷやおならが以上に増える(胃がんでなくても、消化器系の病気が疑われます)
・体重減少(食欲の減退や、消化機能の減衰によるものです)
・倦怠感(異様な倦怠感は、色々ながんの初期症状として見られます。)

これらの症状は、日ごろの疲れや風邪から来る症状とよく似ていますよね。

特に40歳以上の方は、がんの発症率が高くなります。定期健康診断を必ず受けるようにし、疑わしい症状があれば、かかりつけの医師に相談しましょう。
 

スポンサーリンク

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る