胃がんの症状がよくわかる
胃がんの症状がよくわかる > 胃がんの症状・原因 > 胃がんの原因(ピロリ菌・他)

胃がんの原因(ピロリ菌・他)

ピロリ菌への感染が、胃がんの発症リスクを高めるということが世間に広く知られるようになりました。

そもそもピロリ菌とは、外部から侵入して胃の中に住み着きます。つまり感染したということになります。

胃がん,ピロリ菌一度感染すると薬によって除菌治療を行わない限り、ピロリ菌は消えません。

主な感染経路は、井戸水や経口感染(口から)と言われており、水道設備が整った現代の環境ではピロリ菌感染は減少しています。

しかし、50代以上の世代では約50%が感染していると言われているため、除菌治療が将来の胃がん発症リスクを下げてくれます。

さて、胃の中は食べ物を消化するために強い酸性となっていますが、なぜピロリ菌は生き残れるのでしょうか。

ピロリ菌は胃の中で自分の周りにバリアを作り、強力な酸から逃れると当時に毒素も作り出すため、胃の粘膜を直接傷つけるのです。

よって、胃の中にピロリ菌が住んでいると胃の粘膜が傷つき、胃炎や胃潰瘍を発症しやすい状態になってしまいます。

このような状態が続くと将来的に胃がんを発症するリスクが非常に高くなってしまうのです。
 

スポンサーリンク

その他の胃がんの原因

ピロリ菌以外にも胃がんの原因として考えられるものがいくつかあります。

特に注意したいのが食生活の乱れです。

胃に負担をかけるような食生活は胃炎を誘発し、慢性的な胃炎は胃がんのリスクを高めます。

具体的には、

胃がん,原因・過度の飲酒
・塩分の高い食事
・野菜が取れていない

などは、胃に負担を掛けている食生活と言えるでしょう。

また、ストレスも胃に負担をかけます。

以前、テレビ番組で胃の中の映像をカメラで写しながら不安(ストレス)を感じさせるという実験があり、すると胃壁に傷が発生するという現象が確認されました。

この実験から長期に渡る悩みなどのストレスは、胃にかなりの負担をかけることがよく分かりますね。

最後にスキルス胃がんに関しては、遺伝的な要素が強いということが報告されています。家族の中に胃がん患者がいるなど、リスクが高いと思われる方は健康診断を定期的に受診したり、食生活を見直しましょう。
 

スポンサーリンク

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る