胃がんの症状がよくわかる
胃がんの症状がよくわかる > 胃がんの症状・原因 > 胃がん末期の症状・治療について

胃がん末期の症状・治療について

胃がんだけでなく他のがんでもステージ4期となると、他の臓器にがんが遠隔転移している状態となります。

そのため、手術によりがんを取り除くことが難しくなり、多くが抗がん剤での治療を受けることになります。

胃がん,末期症状胃がんの場合は末期になると、がんにより胃の粘膜から出血が起きることがあります。末期の胃がんであっても出血が続くと貧血状態になってしまうため、出血を止めるために手術を行うことがあります。

昔に比べて、胃がんに対する抗がん剤の効果が上がっており、がんの性質と抗がん剤の相性が良ければ延命治療は進歩しているものの、末期の胃がんとなると完治とまではならないのが現状です。

抗がん剤の治療は副作用も伴うため、体力の弱った患者さんには苦痛が先行してしまい、必要な治療効果が得られないと判断された場合、「治療をしない」という選択を提示されることがあります。

これは緩和ケアと呼ばれ、がんから生じる苦痛(例えば痛み)を取り除く治療だけを行い、残された時間を自宅やホスピスで過ごすというものです。

胃がんの末期症状では、栄養が取れなくなるために体重減少が激しくなり、食べ物からの栄養の吸収も悪くなります。
 

スポンサーリンク

胃がんの末期症状

胃がんの末期になると全身の症状が現れるようになります。転移した場所によっても症状が異なってきますがに転移すると、痛みの他にくしゃみや咳等のちょっとした動作で骨折してしまう病的骨折が起こります

一番転移しやすいと言われる肝臓ですが、かなり進行してから黄疸や痛みなどの症状現れはじめます。

また、に転移した場合に性格の変化・めまい・言語障害などの症状が考えられ、に転移した場合では歩くだけ息苦しさを感じたり、呼吸困難等がみられます。
 

胃がんの余命について

胃がん,末期末期がんとはつまりステージ4の診断時が多く、病状によっては余命宣告を受けることがあります。

余命とは同じ状態のがんだった人が、どのくらい生存したのかというデータを基準にして算出するもので、統計上の言葉で生存期間中央値と呼ばれ、治療開始から半数の人が亡くなった時期のことを指します。

余命は年単位から数か月、さらには数日と色々な場合がありますが、年単位での宣告は当てはまらないことが多く、余命より長く生きる人、または余命より早くに亡くなってしまう人もいます。
 

スポンサーリンク

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る