胃がんの症状がよくわかる

胃がんの症状

胃がんの初期症状は、日頃の疲れやストレスからくるものとよく似ており、まさか自分が胃がんであると疑うような症状はほとんどありません。

このようなことから胃がんの発見は、遅れる傾向にあります。

下記では胃がんの初期症状として考えられるものを上げてみました。

胃がん,症状・食後の胃もたれ
・常にお腹が張っている感じがする(腹部膨満感)
・胸焼け
・みぞおち付近の痛み・違和感
・慢性的に起こる消化不良・下痢
・なかなか治癒しない胃の慢性的な痛み
・食前・食後になんとなく胃付近に痛みを感じる
・食道の奥の方でつっかえる感じがする

以上となりますが、これらは胃がんに限定した症状ではなく、食べ過ぎや食あたり等でも起こりうる症状になります。

また、胃がんの初期症状は全く無いという人が半数以上といるのも現状です。

但し、胃がんが胃の出入り口付近に発生し進行した時に特徴的な症状が現れます。

胃の入り口に胃がんによる腫瘍が発生すると飲み込んだ食べ物が胃に入るのを妨げます。そのため、つっかえた感じや吐き気を感じるようになります。

次に胃の出口で胃がんが大きくなってしまうと、胃で消化された食物が腸へ運ばれにくくなるため、胃もたれ、腹部の膨張間を強く感じます。
 

スポンサーリンク

進行した胃がんの症状

胃がんは早期発見であるほど、治療で成果を出すための最も大きな要素となります。

健康診断で定期的に検診を受けることも大切ですが、日常から自分の体のことを観察することは胃がんに関してだけでなく、他の病気の発見するきっかけになります。

特に胃がんの症状はストレスや疲労と勘違いされてしまうことが多いため、次に上げる自覚症状と比較してセルフチェックを行ってみましょう。

胃がん,症状,チェック・食事をとると胃に痛みを感じたり、胸焼け、胃がもたれる
・消化不良が続き、下痢や便秘になる
・ゲップとおならが頻繁に出る(臭いが強くなることも。)
・黒い血便が出る
・体重が急に減った

ある程度進行してくると、食欲が湧かず、体重が減少してゆく傾向が強く見られます。

さらに、がんが進行して胃壁から出血するようになると貧血も加わります。2週間以上続く異常な疲れと上記の症状は何かの病気のサインとして医療機関を受診することをお勧めします。
 

スポンサーリンク

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る